引越は大変ですね。荷物の多い人は、当然経費もかかってしまいます。また遠くに引越する場合も同様でしょう。ようは、荷物さえ減らしてしまえば、当然経費節減ができます。

引越が決まったら、まず、その荷物を減らすことからはじめましょう。そう引越業者さんに見積に来てもらう前に、まず、売れるものは売ることからはじめましょう。売るといっても時間があれば、ヤフオクなどの個人売買やフリーマーケットもいいでしょうが、実際は手間も時間もかかります。そうなると、リサイクルショップに売ることもいいのではないでしょうか?だからまずはリサイクルショップに見積に来てもらうことです。

そこで買取してもらえそうな物は買取してもらって少しでも荷物を減らすことです。たとえば冷蔵庫や洗濯機などの電化製品でまだ使って間もない物でも、引越先によっては、売ったほうが経費節減される場合もあります。また、リサイクルショップでも買取してもらえない物でも引取りはしてもらえる場合があります。そう、いらない物は極力持っていってもらうことです。

もちろん、粗大ゴミにしかならない物は、経費がかかりますが、粗大ゴミといってひょとしてもらってくれる人がいるかもしれませんので友人知人で、もらってくれそうな物は、さし上げてください。

そして、行政などによっては、粗大ゴミを自分でゴミ処理場に持ち込めば、それなりに経費節減ができます。そして荷物が減ったら、具体的引越の見積となります。ひょっとしてワゴン車などに詰めるほどに荷物を減らすことができれば、引越業者さんに来てもらうことが必要なくなるかもしれませんね。

ようは荷物をどうやって減らすかがひとつのキーポイントです。