家屋を建て直す時、不要なものも数多くでる。そう、解体時の不要品である。本来解体屋さんに、そのまま持っていってもらえば、それが一番簡単なのだが、最近は、解体時にでる材木と、家具や雑貨などと一緒に持っていくことが出来なくなっている。つまり解体前には、そんな不要品をどうやって減らすかが、費用削減につながる。つまり、粗大ゴミに出す前に、一度リサイクルショップに連絡するのはどうだろう?もちろん、全部は引取れないにしても骨董品のようなものや、リサイクルできるものも結構あるかもしれない。そうなればそれなりに、物が減り、ゴミ処分の費用が、少なくなるかもしれない。

つい最近もお伺いしてレトロな品々や骨董品を買取してきた。当店では、そんな家屋解体前に結構お電話いただいている。岐阜市及びその近郊半径20キロくらいなら、喜んで馳せ参じますよ。