引越シーズンにともない、家電の買取または、引取についての連絡が多くなっている。年式的に新しいものであれば買取も可能なのだけど、壊れたものや汚れがひどいもの、傷が目立つもの、古いものは当店で販売ができなくなる。よって家電リサイクル法に基づいて引取となる。そうなると、お客様に、とっても伝えにくくなることがある。それは、一流メーカー品でない、あまり聞いたことのないメーカーの品で、新品で購入時はとっても安く購入されたと思うけど、いざ廃棄となると、とんでもなく高いリサイクル料金が発生する。例えば、あるメーカーのリサイクル料金であるが、図の表参照してください。なんと170L以下の小さな冷蔵庫でも税込5,344円がかかる。それに販売店の運搬費が加算されるので、びっくり価格となってしまう。なんと説明しようかいつも一流メーカー品でないものの引取には、頭を痛める。つい購入する時に安いと思って買ってしまうと後で廃棄する時高額の廃棄料がかかってしまうのです。今日もそんな電話があった。当店としては、申し訳ないが、その価格を伝えるしかない。まあ、電話を受ける側としてもとっても辛い瞬間である。