今まで岐阜エリアでは、冷蔵庫や、洗濯機、テレビなどの廃家電の持って行き先として、メーカーごとにAグループとBグループとして佐川急便岐阜店と西濃運輸岐阜支店二つのグループに分かれていた。正直とっても面倒で、今日も2箇所とも回ったが、戻ってくるまで2時間ほどかかってしまった。リサイクルといいながら、時間はかかるは、ガソリンは使うわで少々大変。

お客様が家電を買い換えたり、引っ越したりすると、今まで使っていた冷蔵庫や洗濯機テレビなどが、不要になり、それを店頭で売れるものなら買取もするけど、少々古いものだと、このリサイクル法に従っての廃棄となる。もちろんお金のかかることなので、お客様には、少々負担を強いることになるが、結局一般の方には、自分で廃棄するにはちょっと面倒なもの。当方としては慣れているので、伝票に記入してもらって、引取りセンターに持ち込むだけでいいが、それでも、持ち込み場所が、2箇所あるのは、少々面倒と思っておりました。

それで、今日西濃運輸に廃家電を持ち込んだら、10月1日から、グループ分けがなくなるそうで、一箇所に持ち込めばよくなるそう。こちらとしてはとてもうれしい。これで、倉庫のスペースの節約にもなるし、時間の短縮にもなるし、すばやく持ち込めそうだ。まあ一般の方には関係ない話ではあるが、当方としてはとてもありがたいことなのであえて、このブログに記したくなった。感謝。